Rail20 グリップ交換

自転車通勤が解禁となったこともあり、グリップ交換しました。
購入後2年が経過し、グリップも劣化、変に粘着するようになって
気色悪い触り心地になっていたので、自転車OKを頂いた翌日に
コーダーブルームへ趣きグリップを新調、交換してもらいました。
愛想も悪いし、仕事もそんなに上手じゃないので今後の付き合い方を
考えようかと思う今日この頃です。
先に書いてしまいますが、作業の時間は10分ほどですが、グリップと
ブレーキの間に隙間が空いた状態で出来上がりと言われ、その隙間は
工具で着いたと思われる傷が・・・。こんなもんかと思っていたのですが、
自宅に戻って、もう一度出かけようと思った時に、チェーン錠がないことに
気が付いて、電話をしたところ、『あーこれですね』
て謝罪ないんかい!状態です。別の担当者が家まで届けてくれることに
なったのですが、住所は聞いても電話番号は聞かない・・・
比較的新しい住所なので、たどり着けるはずもありません・・・。
表に出て怪しげな自転車のオッチャンに、『コーダーブルームの人?』と
声掛けして、届けてもらいました。もちろん愛想も悪いし、対応も悪いこと、
ブレーキとグリップの隙間の話をさせていただき、自宅にあった工具を
貸して修理してもらいました。
昔はもうちょっと愛想良かったんやけど、人が変わってダメダメなお店に
変わってしまいました。
イオンバイクでパンク修理してもらいましたが、愛想、対応共に◎でした。
次はないかも・・・。
そんなこんなですが、交換したグリップは納得のいくものです。
TIOGA(タイオガ)という会社のACENTIA Eグリップという商品。
商品代1640円、工賃300円。合計1940円でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。