ブログにまで仕事、を持ち込みたくなかったので、敬遠していましたが、
『忘れないために』と、『少しでも考え方が伝わるのであれば』と思い
書き込むことにしました。
今日のテーマは『理念』です。
会社が掲げる理念をちゃんと理解しているか?と質問をすると曖昧な返事が
返ってくることが多々あります。うちの会社でも良くあります。そこで、
ディズニーランドとスターバックスを例に挙げるのです。
『ゲストに素晴らしい夢と感動、喜び、安らぎを提供する』
『感動経験を提供して、人々の日常に潤いを与える』
スタッフたちは、こういった考えに共感しています。共感し、自ら実践しようと
するのです。『お客様にこんなことをしてあげれば、感動するのかなぁ』
『美味しいコーヒーを飲んでくつろいでもらいたい、そのためには・・・』
私たちも同じはずなんですが、スタッフたちに伝わっていないのです。
理念が・・・
そりゃそうです。教えてないんですから!また、私も教えてもらった記憶が
ありません。(新入社員の頃に)
で、ようやく、企業理念を一生懸命教えるようになったわけです。
ついこの前までは、理念なんか要らないんだっなんてことを、うちのトップは
言っていたわけですから、仕方ないのかもしれません。
で、こんな風に講義をするのです。
『理念とは、その会社が掲げた夢、社長の夢なんだよ。あなたたちは小さい頃
なりたいものはなんでしたか?それが夢です。会社にもこうなりたいと思う
夢があるんですよ。会社が掲げる夢に、私たち従業員が共感しないといけない
んですよ。共感してはじめて実践できるのです。』
うちの会社は、まだまだこんなこともしっかりと教育できていなかったんです。
いわゆる共感教育というやつですね。
現状は、スタッフが個々にに持っている夢やサービス力に頼って仕事してるんです。
放っておけば、そのうちつぶれます。方向性が見えないんですから。
会社のトップには大風呂敷でもいいから、こうなるんだと夢を語って欲しいものです。
そういうの言ってくれないもんなぁ。