野沢尚
引き込まれて行きました。