DUKE390散歩《GSX250Rぺけ散歩番外編》レンタルバイクで陸前高田へ

現在、仙台長期(10日間)出張中のsakizoです。

(18日に無事帰宅しました)

間に公休があるので、今回は思い切ってレンタルバイク

を借りてみることにしました。

関西から関東に移り住んだので比較的東北は近くは

なったのですが、なかなか足が向かない上にやっぱり

遠い。仙台にいればそこまで距離もないので日帰り

出来そう。だったら、バイク借りて行っちゃえ!て

勢いで借りることにしました。

借りたバイクは、なんと輸入車KTM DUKE390

です。

レンタルバイクのエントリーは別にしていますので

そちらをご覧ください。こちらからどうぞ

駐輪場のエレベータを使って地上へ。この時点で

6時20分。暖機が必要と聞いていたので10分ほど

暖機して6時30分出発です。今回はナビ無しです。

一応買ってみた地図は、

ライトマップルミニ版1080円。途中数回は拡げて

チェックしましたが、結局ヤフーナビを要所要所で

停まってチェック、な感じでした。

まずは、国道45号に出て、ひたすら北上します。

出発後2時間ほどで、道の駅『上品の郷』に到着。

東北なめたらいけません。激寒でした。

ここに到着したのが8時30分ごろ、あと30分待てば

温泉も浸かれるし、無料で足湯もできたのですが、

目的地は、陸前高田なので少し暖を取って先を急ぐ

ことにしました。

道中はもう一カ所立ち寄りました。

道の駅『大谷海岸』です。ここも津波による被害が

あったようですね。同じ場所での復旧は厳しいよう

です。

震災、津波で出たごみでしょうか?線路上にまで

あふれています。

道の駅としての機能は復活しているようです。

大谷海岸でDUKE390さん記念撮影。

ここまでくれば、陸前高田はもうすぐです。

その前にもう一つ震災遺構、気仙中学校跡です。

津波の凄まじさが良くわかります。言葉なしです。

で、ようやくの陸前高田奇跡の一本松へ。

バイクや車は、一本松茶屋に止めることができます。

そこからは歩くこと5分強ほどで到着します。

道案内もあるし、何より松が見えているので、そこまで

迷うことはないと思います。

すぐ近くまで行けます。が奥の建物は入れません。

やなせたかしさん命名、ヒョロ松君。

近くには、道の駅跡の建物もあります。

まだまだ復興するまで時間がかかりそうですが、

復興前に見ることができたのが良かったですね。

色々考えさせられました。

さて、ぼちぼち帰路に着きますが、温泉には浸かりたい

ので、海岸沿いを走りつつ、女川を目指すことに。

道中ではこんな写真を撮りつつ、

道路のあちこちにある、ここまで津波きましたサイン

を撮りつつ。

到着したのが、女川駅。ここは温泉施設が併設されて

います。

駅周辺も、整備されてきれいに。

お目当ての『女川温泉ゆぽっぽ』

ひとっ風呂浴びた後は、電車が来る時間が良い感じ

だったので、

こんな感じの画像を撮りつつ

無事仙バイクショップまで戻ってきました。

ODOメーターは取り忘れましたが、360キロ超の

日帰りでは最長となると思われるソロツーが終了。

しかもレンタルバイク、KTM走り慣れないのに

頑張っちゃいました。

改めて震災のすごさとGSX250Rの乗りやすさ

に気づきました。

東日本大震災は、未だ復興していない事を皆に伝え

なければなりませんね。ただ、少し感じた違和感は

盛り土して、防潮堤を高くする工事があちらこちら

で行われていたのですが、それで解決するのかと

言えば。・・・・・ですね。日本すべての海岸線に

10何メートルの防潮堤をつくることは出来ない訳で。

起こった後の対応策だけでなく、今後どうすれば

津波の被害が少なくなるかを考えることが重要だと

思うのです。(一部では高台に集落を移転している

所もあるのでしょうが)

とにかく色々考えさせられるツーリングでした。

皆が幸せに、平穏に暮らせますように。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。