鎖骨骨折その27 抜糸

2月5日、いよいよ抜糸で治療も最終となるはずでしたが、もう1回診察が

必要となってしまいました。もうしばらくお付き合いいただければと思います。

今回も平日の14:30予約でした。診察後はジョグる予定だったのですが、

なんと2時間以上待ち、予約の意味が全くありません。まあいつものこと

ですが、2時間以上は今まで経験したことのない待ち時間です。いい加減

切れました。事務員さんの対応もBADでした。まあ、あと数回で来なくて

良くなるので切れるのは控えめに、我慢、我慢。

17:00近くになってからようやく診察の順番が回ってきました。抜糸をして

保険会社に頼まれた診断書を依頼します。同時に生保の入院給付金も

出そうなので、合わせてお願い。と、もう一つ手術後までのレントゲンデータ

もお願いしました。昨年の2月分までは保険会社が必要とかで、データを

コピーしましたが、今回は言われてないのですが、記念に?備忘録として

データも残しておこうとお願いしました。

傷口が化膿するのを心配していたのですが、案の定少し化膿しており、

全快とまではいきませんでした。今回は薬も処方されました。

抗生物質と化膿止めの軟膏です。(以下、少しグロい画像があります 注意)

もともと化膿しやすく、過去には蚊に刺されただけで化膿して簡単な手術をした

こともあったり。走ってOKだったのですが、汗で蒸れたり、不衛生になり黴菌が

入ったりしないかと思っていたら、やっぱり・・・でした。

下写真は処置後。消毒して、膿を出して、軟膏塗って、ガーゼ。右側は傷口が

ふさがっているので大丈夫そう。

で、自宅に戻ってシャワー後の全体図。黄〇の箇所が化膿していたようです。

膿も出し切っているので、赤く腫れていますが軟膏塗布で良くなるとのこと。

ただし経過を見るべく24日に予約を入れられました。やっぱり走ったのがダメ

だったのでしょうか・・・。

とはいえ、抜糸も終わり全快間近なことに変わりはありません。こまめに

軟膏を塗って早く治したいところです。この状況でも走るのは問題ないと

のお言葉。もう少しで終わりそうです。もう少し、、、。

7日に保険会社から電話あり。その後どうでしたか?て聞かれたので、診断書

をお願いしたのと、化膿していて次回も診察になった旨を話したのですが、

診断書はすべての治療が終わってからとのことで、次回に持越しとなりました。

今回は、保険会社が病院に電話をかけて診断書をいったん破棄してもらう

ようお願いしてくれました。(たまにいい対応をするんです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。