鎖骨骨折 その24抜釘手術

さあ、いよいよ手術当日です。6時、ブドウ糖液の点滴、朝ご飯です。

10時30分ごろに2本目の点滴。前日からの雪で嫁様とみおきちも

若干遅れ気味。(電車移動になった)麻酔科の先生たちも無事出勤

したようで、11時30分ごろに、手術が12時くらいになりそうと連絡。

嫁子供はぎりぎり間に合いました。

T字帯とアンシルクなる、医療用の着圧ソックスを履きます。

T字帯は今回もパンツタイプ、着圧ソックスは血栓防止のためらしい

です。前回のを大事に残しておきました。密林さんで価格チェック

しましたが、2160円だって、結構な値段ですねぇ。

例によって、歩いて手術室へ向かいます。自分で手術台に乗って

主治医の先生は見当たらなかったのですが、後から来たのかなぁ。

『はい、酸素マスクつけますよ~』まででした、覚えてたの。

その後は、術後ストレッチャーに移されるところでなんとなく気が付き

麻酔から少しずつ醒めていったようです。術後の採血はやはり足からでした

が今回は、すんなりと採血できたようです。前回はあまりの痛さに目が

醒めたのを覚えています。そして、今回はおしっこの管なしで戻って

来ました。結果的にはどちらが良かったのかわかりませんね。人生初の

尿瓶体験でしたし、そのたびに看護師さん呼ばないといけないし、管の

方が良かったのかなぁとか思ったり・・・。

術後の状況はというと、肩の痛みは麻酔が残っているのかあまり感じず、

それよりも頭痛がひどかったです。それとおしっこが近くてほぼ2時間おき、

23日夜の看護師さんには大変お世話になりました。

手術終了まで待機していた嫁様、みおきちは、15時半頃、私の無事を確認し

帰っていきました。

酸素マスクが外れたのが17時、水分補給は19時からでした。水が飲める

タイミングで、痛み止めを頂きました。傷の痛みよりも頭痛を和らげる感じ

でしたね。

その25へ続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。