全ての札所をカブで行く!と決めての三十三観音めぐり

ですが、職場が浅草だけに浅草寺だけはなかなか足が

向かず・・・だったのですが、10月8日の皇居ランの待ち

合わせが浅草だったので、早めに家を出て貰ってきました。

但し、カブではなく電車、徒歩です。

なので、33番目の那古寺の後に雷門前でカブとの記念撮影

を持って結願とする・・・ことにしました。

東武浅草駅の後ろ側出口を出て、雷門を見ずに伝法院通り

から仲見世に入ります。(雷門は毎日通っているので・・・)

伝法院通りから入ったのにはもう一つ訳が・・・。

休日の浅草はとんでもない人の量なので、仲見世はの

混雑ぶりを考えてのことでした。

案の定、人ごみ・・・。これでも少ない方だと思います。

小舟町の大提灯の宝蔵門の左側を抜け、

五重塔を横目に見ながら、

奥の大きな建物が本堂。

本堂も人はたくさん・・・

本堂の左を抜けて朱印所の看板を目指します。

朱印所は、影向堂(ようごうどうと読みます)

すでに長蛇の列。1時間待ちを覚悟しました。

ご朱印をお書きになる方が見えただけでも4名は

いらっしゃったようで、ご朱印を預けるのに15分、

預けてから頂くまでが25分ほどでした。やはり観光地は

頂くまでに時間がかかります。杉本寺や長谷寺もちょっと

覚悟が必要かなぁ。

無事、ご朱印も頂き、皇居ランの待ち合わせ場所へ

遅れることなく行けました。

さあ、いよいよ鎌倉4カ寺と最後の那古寺で結願です。

ただ、もう一回来るけどね、浅草は・・・。