坂東三十三観音 25番札所 筑波山 大御堂

鎖骨骨折して、改めてバイクに乗れるようになったことを感謝しつつ、

ペースアップしてきました、坂東三十三観音札所めぐりです。

出来れば1か月に1回のペースで訪れたいところです。

今回は、思い切ってつくばへ。日帰りのご朱印ツーはこのあたりが

限界かもしれません。自宅で予定を立ててみたところ、つくばと土浦の

2か所は行けそうな感じです。往復約140キロほどでしょうか。

時速30キロ以下のペースだと5時間程度の予定。

訳あってすでに原付二種化していますので、二段階右折も30キロ

制限もありません。もう少し早いペースで走れます。

まあ、余裕をもって朝7:30に出発しました。

まずは、筑波山を目指し、その後南明山を目指す行程です。

40キロ~50キロあたりで松伏から野田、そして坂東市に入ります。

30キロ制限が解除されると快適です。

8:00過ぎに、給油でストップ。この日はそんなに寒くありませんでした。

一気に筑波山へと思っているところで、遠目にお城の形をした建物が

見えてきました。城を見ると寄らずにはいられない・・・・ので、

近くまで来てみると、なかなか立派なお城ではないですか!

こんな銅像もあったりして、さぞゆかりのある方だろうと思いきや、

常総市にゆかりのある、小説家『長塚節』さんだそうで・・・。

しかもお城自体は1300年代に建てられたけど茅葺だったそう。

今の形は平成に入ってから建てられたんだとか・・・。

今年の4月までは中に入れないようです。入場料400円らしい・・・。

なんで、記念撮影後、周囲を1周回ってご朱印ツーに戻りました。

その後も快調に走り、筑波山のきれいに見える農道で記念撮影し

10:00ちょうどに到着しましたが、筑波山で梅まつりがあるらしく

途中からは大渋滞に・・・朝イチの筑波山で正解でした。昼着の予定なら

もっと混んでいたかもしれません。

なんだかご朱印集めが流行しているようですが、ここ大御堂は、

誰もいませんでした。

無事ご朱印を頂きましたが、入り口のガラス戸には大量の貼り紙。

撮影できませんでしたが、ご住職が極度のタバコアレルギーのようで、

『喫煙者の方は、中に入らないでください』

『喫煙される方は、外からお声掛けください』

『煙が入って困ります』などなど。

私も喫煙していた身です。吸う人、吸わない人の気持ち両方わかりますが、

お寺の雰囲気があまり良くないように映ってしまい、ちと残念でした。

ただ、ご住職はとても優しそうな方でした。

大御堂からの景色も良い感じでした。

さてまずは1件目終了。今回は筑波山のどこかで立ち寄り温泉をを

企てていましたが、あまりの人の多さに断念しました。実際は、梅まつりの

周辺だけだったのだと思いますが、温泉旅館周りも人がいらっしゃり、

ちょっと立ち寄りづらかったのです。ただ、そのおかげでしょうか、2件予定

のところを3件回ることが出来ました。

なわけで、南明山 清滝寺に続く・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。