小型AT【第2段階5時限目みきわめ】

12月23日
3時間の連続ですが、前2時間は実車ではなかったので、この日初めての
実車です。今回はいよいよ最後のみきわめです。教官は、一番最初にあたった
教官でした。やさしいちょっと日本代表の岡崎に似た感じの方でした。
結果はハンコをもらったのですが、
①コースを一度間違えたこと
②ウィンカーを出すタイミング
③一本橋脱輪
1周目の途中で、教官に『前を走るので、ウィンカーのタイミング見ててくださいね』
とおっしゃっていただき、ばっちり覚えました。課題走行の一本橋で時間を気にする
あまり脱輪しましたが、脱輪した時点ですでに5秒経過しているので、そこまで
頑張らなくても、通過することを目標にしましょうとアドバイスを頂き、その後は
脱輪することなく、コースも間違えずでした。後半は普通2輪ATの手のかかる
教習生がいたようで、半分放置プレイとなりました。
教習終了後ドキドキしながら、待っていると『みきわめ合格です!』と言って頂き、
次回の卒検が決定しました。
ここで一つ注意いただきました。みきわめ合格で、次回卒検となるとみきわめの
合格日から3か月以内に卒検を合格しないとすべて台無しとなり、1からの教習に
なってしまうそうです。注意せねば・・・
あ、もしや教習期間の間隔があいていたからそんなことを・・・
うまくいけば、あと1回教習所へ通えば終了となります。長いような短いような
いや、長かったな・・・あいだ2カ月空いたからな・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。