鎖骨と肋骨をやられました その6

間もなく事故から2カ月が経とうとしています。
いろいろと情報収集をしたり、人から話を聞いたりしていると、
示談が成立するのは、早くても来年夏以降の様子。
というのも、治療が終了しないと示談も成立しないんだとか・・・
sakizoさんのばあい、鎖骨のプレート、ボルトの抜釘手術が
来年待ち受けており、この手術後の経過次第で治療が終了
となり、示談となる模様です。
先の長い話ですねぇ。
今回は、手術から退院、その後の体の状態を備忘録として・・・。
現在も、もちろんプレートが入っていますが、肩は制限なく
動かすことができます。(12月1日現在)
スーパーの買い物袋位なら左手で持っても良いとリハビリの
先生からもお話があり、ほぼ普段と変わらない生活になってきました。
ただ、少々心配ごとがあるのが、左手、親指と人差し指の痺れと
大胸筋の痛み(咳をするたびに痛みます)
リハビリでマッサージをしてもらうとちょっとよくなるのですが、
週末が近づけば、辛くなってきます。
今こうしてキーボードをタッチしていても痺れた感じが続いています。
抜釘後、良くなるのならいいのですが・・・。
次回は10日診察なので、その時先生に訊いてみようと思ってます。
あとはmレントゲン写真がもらえるかも聞いてみよう!っと。
退院後の通院記録もこちらに。
10月17日レントゲン、消毒
10月22日レントゲン、抜糸、リハビリスタート
10月29日レントゲン、診察、リハビリ
11月 4日レントゲン、診察、リハビリ
11月12日リハビリ
11月19日リハビリ
11月29日リハビリ
次回
12月10日レントゲン、診察、リハビリ
2週間に1回程度の診察が11月4日以降は1か月に1度で良くなりました。
リハビリもご自身の判断で・・・と言われたのですが、胸の張りと左手の
痺れがあるため、10日に1回程度で継続的に通院しています。
リハビリは、肩やその周辺の筋肉を使っていくような動かすリハビリかと
思っていましたが、8割方マッサージ、残り2割で自宅でできるリラクゼーション
な感じです。リハビリも担当が決まっており、sakizoさん担当は、そこそこ若い
女性の方ですが、力加減や距離感、話す際の人見知り感が自分には合って
いて、心地よいです。
いまだできないこと、怖いこと
*左肩を下にして眠れない
*リュックが背負えない
*ショルダーのたすき掛けも左肩は×
*自転車、バイクに乗れない
*通勤電車が怖い(肩にぶつかりそうな恐怖)
*走れない(ジョギングとか)
*筋トレ(ワンダーコアはOK頂きました)
診察代や通院にかかった交通費や休業補償(有給申請後)などは
その都度請求しないといけないので、面倒くさいです。
頑張って通院していますが、駅までのバスと東武線で5駅は
結構な重労働です。帰りは一駅分歩いたりして、自分なりに
リハビリ(体力維持)に勤めています。まあすべて相手の保険屋さん
負担ですので、使えるものは使っちゃう感じです。
もっといろいろ書きたいのですが、今日はこの辺で・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする