鎖骨と肋骨をやられました。その4

鎖骨と肋骨をやられているわけですが、術後、退院後から、日増しに
動かせる肩の範囲が広くなっています。順調な証拠でしょう。
ただし、ふいに襲ってくる痛みとか、就寝前、起床時の肋骨の痛みは
いまだ解消されておりません。そこまで辛くはなくなっているので、
こちらも治癒の途中段階で順調と言えるでしょう。
着替えも苦にならなくなってきているので、ついいつも通り・・・
左腕を動かしそうになるのですが、ピキッとかビリビリな感じで
気づきます。
リハビリでは、大胸筋と肩甲骨周りのマッサージを中心に
肩の可動域を少しずつ広げていくトレーニングのようなことを行っています。
現在、腕は真上にピント伸ばしてキープできる状態です。
骨がくっつけば、自転車、バイクもOKになるのかな・・・。
レントゲンの画像が頂けるかどうかがわからないので今回は、
絵の才能もあるであろう主治医の先生の手書きイラストを
載せておきます。

左の図のように折れているものを右図のように修復する手術です。
手術の説明の際に、先生がわかりやすく描いて説明してくれました。
もしレントゲン画像を写メできるようなことがあれば、アップしたいと思います。
近況報告でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. PG206SW2065 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うわ!?教習所ネタの更新がないなあと思いつつ、しばらくぶりに覗いたら
    大変な目に遭われてたんですね(汗)
    早く二輪復帰できるといいですね、お大事に

  2. saki20040312 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんですよー。しかも教習所に向かう途中。
    ま、命あってこそを改めて実感しましたので、クルマ、バイクともに安全運転をさらに心がけます!
    お気遣いありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。