鎖骨と肋骨をやられました その3


手術の延期が決まってしまい、『何のために即入院したん?』てな疑問
を感じつつ、熱を下げるべく療養しますが、幸いなことにポッキリと
折れている鎖骨の痛みはそれほどでもなく、肋骨の方が痛い感じです。
動かず、じっとしていれば肋骨も痛くはなかったので、ひたすら
読書、スマホゲーム、音楽聴いて寝る、ごはん、こんな感じで1日を
過ごしていきました。しかも2人部屋は横並びなので基本顔を合わす
事もなく、嫁様の面会が無ければ、看護師さんとごはん運ぶ助師さん
が唯一人と触れ合う時間です。7日が手術日なので、3日間で熱を
下げなくてはなりませんが、風邪薬をくれるわけでもなく、寝るのが
一番の療養なのだそうです。
6日の朝には、微熱程度まで下がっていたので、再び手術に向けた
準備を夕方からしていきます。7日の手術は11:30を予定、2時間
遅い予定時間ですが、禁飲食は21:00と変わらずでした。
あと今回は、浣腸ではなく下剤を飲まされ手術に備えます。
当日朝までに催さなければ、浣腸されるみたいです。
前日も眠れないということはなく、普通に睡眠、5:30には起床
していました。1発目の手術が長引けばずれ込みますと聞いていましたが、
11:00過ぎには、1発目の手術が終わったと連絡を頂き、12:00頃
手術となりました。
ストレッチャーに乗せられて手術室に入ったわけではなく、自ら歩いて
エレベータに乗って手術室へ。自分で手術台に寝っころがって、、、。
鎖骨だとこんなもんなんですかね?
『はーい、酸素マスクつけますよー。すぐ寝ちゃいますからねー
起きたら、おわってますからねー』
と言われ、気づいたら、病室に戻って足の甲に採血の注射をされて
いるところでした。
無事終了したのですが、手術は予定通り2時間ほどで終わったらしいの
ですが、麻酔からなかなか覚めず、1時間くらい様子を見て病室に戻った
時には16:00近かったそうです。
プレートにボルト6本の予定だったのですが、5本(骨がしっかりしていたので
1本少なくて済みましただって。5本も6本も変わんね)に。
折れた場所と骨片をワイヤーで巻いてくっつけてますだって。
足の甲の痛みで飛び上がりそうになったのですが、
麻酔が切れた時の痛みや、不快感などはなく、ぼーっとまどろんでいる
ような状態が夜中まで続き、『トイレに行きたい』と看護師さんに言うと
『管が入っているから大丈夫ですよ』と。それからは管の不快感がひどく
明け方の5:00過ぎにどうしても抜いてほしいと懇願し、抜いていただきました。
食事も翌日(8日)の朝から出ましたが、さすがに完食できずでした。
体力が落ちていくのを少しでも防ぐべく、トイレなど自分でなるべく歩くように
意識していたら、病棟の看護師長さんから、冷たーい一言が・・・
『元気そうなので、病室替わってくださいね』だって。『次の手術予定の
患者さんにこの部屋を』だそうです。その日の夕方には506号室に
移動させられちゃいました。ま、元気なので良かったんですけど・・・
お風呂(シャワー)は12日まで無理ですよと言われ、我慢していたのですが、
頭の痒さがマックスとなり、11日看護師さんに『頭だけでも洗ってぇ』と
お願いすると、嫌な顔せず、じゃ洗いましょうかと言っていただき、11日の
午前中にすっきりさっぱり!翌日にはシャワー入れたんですけど、なんとなく
気持ち良さが違います。助かりました。
ちょうど10月の3連休の最終日の10日に、ダメもとで『13日くらいに退院・・・
あ、だめなら17とか18でも・・・・』と看護師さんに尋ねてみたのですが、、、
その日は返事がもらえず、翌日の回診の前に、看護師さんから『17日外来の
予約入れときましたから』と。13日の退院が決定しました。ただし退院後は
自宅療養を数日間は・・・だそうです。
入院期間は10日でした。手術延期が無ければ7日間だったかもしれません。
主治医の先生も、早い人は手術の2日後に退院って言ってたから、比較的
早い方だったようです。
13日の退院したその日は、病院のベッドの方が良かったかもと思いましたが
自宅に勝るものは無し。帰ってこられてほっとしました。
17日、消毒。
22日、抜糸、リハビリ
29日、経過観察後、リハビリ
11月4日、リハビリ
で現在に至っています。
29日に主治医の先生にいろいろ尋ねてみました。
Q抜釘手術(プレート除去)はいつごろ?
A、早くて8カ月後、んんんん1年くらい見た方がいいかも
Qバイクのっていいのはいつごろ?
A暮れかな
Q自転車も?
A暮れかな
だそうです。ネットサイトを見ると早い人は、4か月後くらいに抜釘手術や
4週間後にバイク運転OKなど言われている人がいましたが、骨折の
度合いや場所の違いだと勝手に解釈しておきます。
気が向けば、もう1回続く・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。