坂東三十三観音 12番札所 華林山 慈恩寺


ここの所、かぶりんのメンテネタばかりでしたが、平日休みを利用して

初の、そこそこな距離の株主走会へ行ってきました。(つまりはプチツー)

越谷から、さいたま市岩槻区にある『華林山 慈恩寺』へ。

坂東三十三観音の12番札所となっています。

浅草には浅草寺が13番札所となっており、勤務地が浅草のため、

『33カ所まわってみようかなぁ』

『どうせならかぶりんで・・・』

となり、昨日、意を決してスタートしました。

越谷からは、往復で30キロほど。メンテ後のかぶりんには、ちょうど

良い距離。

途中、2回ほど休憩とスマホでの位置確認を行いながら片道30分ほどで

到着です。
外観は、現在工事中でした。何の予備知識もなく、カブで行ける身近なところ・・・

といった発想だけで伺ったので、ちょっと後悔しました。

三蔵法師ゆかりのお寺だそうです。    慈恩寺のページ

境内を少しぷらっとして、納経所へ。

中には、お坊さんと、女性の方がお二人。納経所へ入る前に視線を感じて

入りにくかったのですが、入ってみると、お茶まで出していただき、

納経にはじめてきたこと、どんなふうにすればよいのかなど、親切に

お教えいただきました。

1,100円~1,700円まで、数種類ある納経帳。私は、お寺の方のお勧めと

深緑のシンプルな色が気に入り、1,100円のものをチョイス。

これに300円を支払ってかきかきしていただきました。

本当なら、1番札所から順番に行くのが良いのでしょうが、最後の33番札所だけ

守って、お手軽なところから訪問しようと思います。


いつまでにとかはなく、5年ぐらいかけて回れればいいかな・・・。

(9941キロスタート、帰宅時9972キロ 31キロの行程)

コメントを残す