先日、RVRの点検のはがきが届いていたので、平日の休みにのんびりと
見てもらおうとディーラーに行きました。いつもの営業の方がいらっしゃらなくて
EKの試乗はできず。展示車両を眺めつつ、まあまあいい車やん!と上から目線。

30分近く待ったでしょうか。いつもと違う営業スタッフから、
『エアコンのフィルターが汚れて目詰まりしてます。交換されてはいかがですか?』
『えー、お金持ってないし・・・』
『カードも使えます』
『じゃ、仕方ないので、お願いします』
まあ、現物も見せられて、半分納得したので、交換は仕方ないと・・・。
はい4,000円の出費。
その10分後、
『バッテリーが要注意です。交換されてはどうでしょうか?
75D23Lから少し容量を大きくしたほうがよいので、80D23Lへ、工賃と
リアのワイパーゴム交換で、32,182円。早めに交換されたほうが・・・』
流石に即決できない金額です。

『考えときます』と答え、その他異常なしで点検終了。
いつもの営業スタッフと違うだけで、こんなに違和感、不信感を感じるのかと思いつつ
帰宅。
最初に安いものを、さも交換が当たり前のようにもってきて、交換させる。
その時点で、バッテリーの性能劣化の紙が見えていたので、ここで一緒に話してくれれば
『じゃ、バッテリーだけ交換を』とか、ほかの選択肢もあったのに・・・。
と不信感が大きくなるなる。
営業が違うと、こんなに感じ方が違うんだとよーくわかりました。
なんかノルマでもあるんですかねぇ。強引な感が否めませんでした。
そんなこんなで、すぐに『黄色い帽子』へ向かいます。
ここでのバッテリーは、純正でのっかってるのと同じ75D23L。工賃込で27,000円弱。
あんまり変わらないので、ディーラーで交換しようかなぁと思案しつつ、帰宅。
それから数日経った昨日、ENEOSへ給油がてら、5000円割引券があったので、ダメもとで
バッテリー交換がいくら位なのか聞いてみました。
『今キャンペーン中で30%オフなんで、お安くできますよ』
『100D23Lで工賃込20,546円です。キャンペーン今月いっぱいなんで交換しませんか』
てなことでやっちゃいました。
来週は旅行の予定だし、ENEOSでもバッテリーテストはNGレベルだったし。
さあ、バッテリー代は、どこからねん出する?